消費者金融の審査が厳しいという2ch情報まとめ

消費者金融審査の特徴について

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

オークションでついつい値段を上げ過ぎてしまったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたので法律順守の意識が高まり、ブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のキャッシングの利点はやはり簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなのでローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラックというイメージが払拭されつつありますね。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融審査と事業資金

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

ローンを組むことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるためあながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融のキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。