消費者金融審査が厳しいという評判ってどう?

消費者金融審査は銀行カードローンと異なる

通常、消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能がないので、そのような条件を課せられることはありません。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行には銀行法がありますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

消費者金融と言うとサラ金や怖い人というものが連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。

消費者金融審査のハードルは高い

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え主な業務で利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。