消費者金融審査の体験者の厳しいをまとめてみた

消費者金融をネット経由で借り入れ

消費者金融業者の借入れ条件やデータはネットにまとめられているランキングサイトを見れば一覧することが可能です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも消費者金融のほうが多いです。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

消費者金融審査は厳しい

消費者金融のキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますのでローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合インターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

個々の消費者金融についてのお勧めポイントを掲載してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更に公式サイトへのリンクを貼っているサイトもありますから比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。